体力的にもきついし、重い責任

体力的にもきついし、重い責任が伴う職業なのに、普通の男性サラリーマンがもらうよりも安い給料しかもらってないので、仕事の中身に釣り合う給料とは言えないなんて不平がある看護師さんはかなりの割合に上ることでしょう。女性看護師の平均年収第一位は、50~54歳の年収額で約550万円です。女性労働者の場合、定年年齢を超えた61歳から年収が約300万円にまで減額される状況なのに看護師の平均的な年収は、400万円ほどが保たれているのです。勤務先からの給料について不安を感じることはないし、派遣やアルバイト、パート勤務の時の時給も看護師以外の仕事よりも高い相場ですし、求人も無くなることがないので、資格が有利になる仕事であるということは皆さんご存知の通りです。

年齢別に作成された年収変遷のグラフを確かめると、全部の年齢層で、看護師の年収が女性の全職種の年収より高く推移している事実がすぐにわかります。短期間の募集もされていますし、週に1回あるかないかの夜勤だけの業務を長期間雇う募集をしていることもあるので、時給は一般的なアルバイトに比べて、高くされている場合が多いのです。確かに平均的な女性がもらっている年収より高額なのは確かですが、体力と精神のどちらもつらい仕事であり、避けることができない夜勤の必要があるという現状を見ると、簡単に不満のない給料だとは言えないかもしれません。看護師であればこその悩み相談や非公開求人のお知らせ、転職活動におけるキーポイント、面接を受けるときのマナーやポイント、トラブルのない退職手法など、転職に至るまでの流れを至れり尽くせりで後方支援いたします。